忍者ブログ
劇団「石」団員の稽古日記です。 ブラウザバックでお戻りください。
[96] [95] [94] [93] [92] [91] [90] [89] [88] [87] [86]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ども。
今回、初参加という事でお世話になります。

僕自身は、元々映像志向から芝居に入ったせいか至ってオーソドックスな演技をするし
基本的に気をてらった事もせず、あくまでリアリティを追求するような所があって、
しかも前から五列目位までしか分からんやろみたいな細かい芝居もする。
後ろの方は細かい所は分からんでも雰囲気伝わりゃそれでいいやみたいな。
無理に声も張らないしね。
演劇的には何の手本にもならなきゃ、いい見本にはならんかもしれん。
それはすんません。
でもそれが俺です。
もちろんやれと言われればやりますけどね。

さて、後もう何日かで本番ですね。皆様いかがでしょうか。
一時はどうなるものかと思う瞬間もありましたが、まぁなんとかなりそうにはなってきましたね。
さぁて本番に向けてどうしましょう。

一番大事なことは自信を持って表現する事!!!。
芝居に正解って物はありません。逆に言えば人の数だけその引出しの数だけ正解はあります。
じゃあ何をもって正解とするかと言えば、あなたが自信を持って表現すればそれは正解なのです。
もし仮に僕が芝居をつかめてなくて自信なく芝居をしてて、あなたが自信満々に芝居をしてたら
それが間違ってても僕が間違ってるように見えてしまうものなのです。
あなたが僕を上回る自信をもったら、簡単に僕を超えることはできる。
あまり些細な事は気にせずに自信を持って表現できるように気持ちを作っていく事を心掛けましょう。
もちろん細かい部分で修正できるものはするに越した事はないのでしょうが…。

所詮今のあなた自身そのものしか相手の目には映らないのです。
背伸びしても背伸びしたあなたが見えるだけ、
上手く芝居をしようとしても上手く芝居をしようとしてるあなたが見えるだけ。
どうしたって今まで稽古でやってきた事以上のものはできないのです。
少しだけ本番のテンションになって割増になるくらいです。
下手なら下手でいいんだよ。
今まで長い時間をかけて作ってきた物に自信をもって、
いい意味で開き直って、ありのままの自分を等身大の自分を見てもらえばいいんじゃないでしょうか。

それじゃ最後にブルース・リ-の映画「燃えよドラゴン」の一節を君に贈ろう。
 「 Don't think. Feel ! 」 ( 考えるな。感じるんだ。)
芝居とはこれにつきる。
_________________________________________________________________
便利!ケータイへのHotmailアラートはこちら
http://clk.atdmt.com/GBL/go/153791840/direct/01/
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
Oh, good advice for me!!
私ね、Msブルックスに英会話の個人教授を受けておりますのよ。ホホ。


気持ちが楽になりました。

ほんとに今の今まで落ち込んでいました。
テープを聞いてはココが違う、あそこが違う、声が、、などなど、本番を前にして何やってるんだと自分でも思うのですが、どうしてもそこから抜け切れない自分がいて。。


小手先ばかりで、本当に大事なものを忘れていました。

今夜の稽古、自分が出ていない場面もみんなの台詞をしっかり水江の気持ちで感じながら聴いていました。


そうですよね。自分が得ていない物で勝負できるわけがありませんね。
本番も間近。今まで精一杯練習してきたものに賭けます。もう迷いません。

あとは本番まで、フィール、フィール!!

ありがと。鍬ちゃん。

山田だ~い 2009/07/16(Thu) 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
バーコード
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © 石ブログ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]